学校紹介

教育方針

① 保険・医療・福祉に対応したリハビリテーションの提供
② 社会の保険・医療・福祉への対応可能な人材育成
③ 科学的思考力・判断力・応用力の育成
④ 医療人としての自覚と社会貢献
⑤ 向上心を養い豊かな知識と技術の習得

豊かな感性を育てることからリハビリテーションのプロが生まれます

博愛精神+豊かな感性+確かな技術博愛精神・豊かな感性・確かな技術。3つの基本理念をベースに、真の意味でのスペシャリストを育てます。

医療福祉の現場で働く優秀な人材が、どんどん必要となっていくこれからの時代。日本で、そして世界で活躍するプロフェッショナルがたくさん巣立つことを願っています。

夢にしっかり応える場所はここにあります。

患者様や家族の気持ちを察知する力を持つ人材を育てます

リハビリテーションは患者様やそのご家族の今後の生き方に関わります。患者様が希望する生き方ができるように病状に合わせてプログラムを考え、サポートします。

時には意欲が無くなる場合もあるため、敏感に気持ちを察知することが大切です。心理学をしっかり学ぶことで、患者様が目的に向き合えるように精神的にフォローする力を身につけます。

チーム医療の思想が新しい時代のセラピストを育てます



現場では医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護職、栄養士など各分野の専門職が集まって治療に関わっていきます。
それぞれのスタッフが患者様の状態を正しく把握し、各専門分野の力を発揮してチーム医療を行います。

そのために必要なスタッフ同士のコミニケーション能力や正確に伝える表現力を育成します。
また、基礎科目、基礎医学を教授するのは、現在臨床現場で活躍されている現役の医師などであり、臨床に即した実践的な授業が可能です。

ホームへ戻る

このページのトップへ