学校紹介

学校長挨拶

現在、我が国の 60歳以上の高齢者人口は、過去最高の 3,300万人(高齢化率 26,0%)です。1年後には、3395万人が 65歳以上となり、何らかの病気を患う高齢者も増大していく状況です。

当然、病院や施設に入院される方も増大します。国は今以上に病床を増やす政策を打ち出さないため。リハビリテーション医療を充実させ、在宅復帰を推し進めています。そのため、全国の医療機関からのリハビリテーション医療に関連する職種の求人数が毎年増え続けています。

本校はこのような社会のニーズに答えるため、2006年に社会福祉法人を母体とした理学療法士・作業療法士の養成校として開校しました。そして、2014年 4月には、新たに言語聴覚療法学科を増設しました。

言語聴覚士は、発語・聞こえ、食べ物を食べること等に障害を持つ方の機能回復や発達促進の援助を行う、医療・福祉における国家資格を有する専門職です。全国的に不足しており現在の有資格者は 24,000人程度で、需要に供給が追いつかない状況にあります。

本校では理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3職種を養成する総合的なリハビリテーション療法を目指すべく、入学後は授業以外にも学力向上にむけた対策や最終学年には国家試験に向けての個別指導を行うなど、きめ細かくサポートして学生ここの勉学意欲の高揚を図っています。また理学療法学科・作業療法学科では夜間部も設定しており、仕事をしながらの 3年間で国家資格が取得できる学校として理想的な環境であると考えています。

是非、我校において理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を目指しませんか。教員が一丸となって卒業まで全面的にサポートしていく所存です。

平成リハビリテーション専門学校 校長
武久 洋三

ホームへ戻る

このページのトップへ