Menu ×

教員紹介

教員紹介

作業療法学科 専任教員(副校長)
藤本 陽子

[担当科目] 基礎作業療法概論
Message
作業療法士は、「作業」「活動」を通して対象者の方の生活・人生に関わることが出来る「やりがい」のある仕事です。様々な背景を持つ多くの人に関わっていく仕事です。そのために、個々の生活の活動に興味を持ち、人に興味を持つなど、様々なことに対して興味を持ち・学び・経験していくことが大切だと思います。作業療法・作業療法士について、皆さんに興味を持ってもらい、この仕事についてよかったと将来思ってもらえるように、皆さんと共に学びながら、サポート・指導していきたいと思います。

理学療法学科 専任教員(学科長)
横川 武

[担当科目] 理学療法概論、運動学、骨・関節学
Message
理学療法士は、「赤ちゃん」から「お年寄り」まで人生のあらゆる場面をサポートします。発達支援、就学支援、健康づくり、スポーツ支援、復職支援、障害予防、介護予防、自立支援など、様々な分野で活躍が期待されています。そこで、各分野における最新情報を取り入れ、1つ1つの授業は興味がわくように工夫を取り入れ、専任教員はアットホームかつ熱意溢れる教員を多数揃えています。学生との距離感が近く、相談のしやすい環境を整えた当校で、我々と一緒に、理学療法士を目指しましょう。

作業療法学科 専任教員(学科長)
田中 裕二

[担当科目] 人間発達学、作業療法評価学、作業療法治療学
Message
「その人らしさ」を支援する仕事。それが作業療法士だと考えています。つまり、最初に病気を見るのではなく、「人」を見ることが重要となります。そして、作業療法士は子どもから大人まで、心と身体を支援しながら「その人らしい生活」を一緒に考え、共に歩んでいくことができる素晴らしい仕事だと思っています。学生の皆さんが「自分らしい作業療法士」を目指せるように全力で支援させていただきます。

言語聴覚療法学科 専任教員(学科長)
青木 崇

[担当科目] 成人発声発語障害学、神経心理学演習、社会保障制度・関係法規
Message
言語聴覚士の仕事は、小児から成人の言語・聴覚・嚥下と言った幅広い分野を対象とします。対象者のニーズも時代に合わせて変化するため多様化していきます。それらに柔軟に対応するためには「経験豊かな言語聴覚士」が求められます。私の持論は「経験豊かな言語聴覚士は、失敗経験も豊か」です。失敗は学生の特権のようなもの。様々な経験をして、一緒に人間性豊かな言語聴覚士を目指しましょう。