学科紹介

学科紹介 - 作業療法学科

脳に働きかけ、その人らしい生活を支援する

心身に障害がある方に対して、医師の指示のもと現在の心身の状態を的確に把握して適切な作業活動の選択と実施により心身の回復を援助することが作業療法士の仕事です。
また、その人らしい社会生活が地域の中でできるように住宅改修のアイデアや生活環境の工夫も提供します。

「作業活動をする」ということは、その作業活動を通して心身が受け取るあらゆる感覚情報(見る・聞く・触れる・支える・味わう・嗅ぐなど)も刻々と変化します。
心身に障害のある方が、これらの感覚情報を適切に受け取り適切な運動や行動につなげるためには、実際に作業活動を行う必要があります。つまり、作業療法士の支援のもとアクティブに作業活動を展開して、その人らしい人生の営みにつなげることが作業療法の醍醐味です。

目指せる資格 – 作業療法士(OT)

厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」として医師の指示の下、作業療法を行うことを生業とする者のこと。主に、以下のような業務を行います

作業療法士になるためには、専門の養成校を卒業し作業療法士国家資格に合格する必要があります。

教員紹介

山内 匡也

作業療法学科 専任教員(学科長)

山内 匡也

[担当科目] 作業療法評価学

Message

作業療法士の仕事は多種多様であり、様々な方と出会いリハビリテーションを行いながら一緒に将来を考えていく職業だと思います。超高齢化社会を迎えていくなか、疾病を抱える方も多くなると思われます。そんな時に側に寄り添い少しでもそのひとらしい生活が取り戻せるよう援助していきます。高齢の方だけでなく小児分野や精神分野など作業療法の活躍の場は広いです。また、女性の方も多く活躍しており家庭と育児を両立しながら働ける職業だと思います。男女問わず作業療法について一緒に学び、そして社会で活躍できる作業療法士を一緒に目指しましょう。

ホームへ戻る

このページのトップへ