学科紹介

作業療法学科 - カリキュラム

医学の基礎知識を土台に、作業療法士として必要な専門知識および技術を習得し、総合的な視野を持って臨床の場で活かせる力を育成できるよう、十分な実習時間を確保したカリキュラムを編成しています。

学べること

1年次

基礎科目(生命倫理学・臨床心理学など)を主要な専門基礎科目(解剖学・生理学・運動学など)を履修します。臨床の場で必要とされる医学の知識は幅広い為、専門領域を学ぶ前に基本となる医学的基礎知識や関連領域をじっくりと学びます。

2年次

専門基礎科目と専門科目を履修します。病気の症状や作業療法を実施する為に必要な評価技術や治療技術及び活動援助技術と精神活動を中心に学びます。またそれからの実践の場として前期には評価実習Ⅰ(2週間)、後期には評価実習Ⅱ(3週間)を行います。実習指導者からの指導も得て、それまでに学んだ知識・技術を患者様の状態に合わせて実践していく力をつけていきます。

3年次

前期には総合実習Ⅰ(9週間)と後期に総合実習Ⅱ(9週間)を行います。指導を受けながら患者様の評価を行い、治療計画を立てて実践することにより、来春から作業療法士として働くことが出来るように自身を磨きます。2回の総合実習が終われば2月まで、国家試験に向けての総復習が始まります。その内容は多岐に及ぶので、1年次・2年次からの地道な学習が大切になります。

カリキュラム

基礎科目

科学的思考の基礎
  • 情報処理学
  • 再生生物学
  • 遺伝子工学
  • 生命倫理学
  • 臨床医学英語
人間と生活
  • 臨床心理学
  • ソーシャルワーク概論

専門基礎科目

人体の構造と機能及び心身の発達
  • 骨・関節学
  • 解剖学
  • 解剖学実習
  • 生理学
  • 生理学実習
  • 人間発達学
  • 運動学
  • 運動学実習
疫病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
  • 公衆衛生学
  • 内科学(老年医学を含む)
  • 整形外科学
  • 神経内科学
  • 小児科学
  • 精神医学
  • 脳神経外科学
  • 医学概論Ⅰ(病理含む)
  • 医学概論Ⅱ(救急・画像診断)
保健医療福祉とリハビリテーションの理念
  • リハビリテーション医学

専門科目

基礎作業療法学
  • 基礎作業学概論
作業療法評価学
  • 作業療法評価学
作業療法治療学
  • 作業療法学 Ⅰ
  • 作業療法学 Ⅱ
  • 作業療法学 Ⅲ
  • 作業治療学実習 Ⅰ
  • 作業治療学実習 Ⅱ
  • 作業治療学実習 Ⅲ
  • 日常生活活動
  • 日常生活活動演習
  • 義肢装具学
  • 義肢装具学実習
  • 作業療法技術論
  • 作業療法技術論演習
  • 手の作業治療学
地域作業療法学
  • 地域作業療法論
臨床実習
  • 臨床実習評価実習 Ⅰ
  • 臨床実習評価実習 Ⅱ
  • 臨床実習総合実習 Ⅰ
  • 臨床実習総合実習 Ⅱ

その他履修する科目

  • 特別講義
  • セミナー
  • 卒業試験

講義紹介

基礎作業療法概論(1年次)
作業療法についての医学的な基礎知識から、作業療法士の役割など幅広く学びます。
解剖学(1年次)
作業療法を行う上で基本となる学問となります。脳を含む臓器を学び人間の行動の基礎となる身体構造を学びます。
作業療法評価学(1年次)
身体や手がどのくらい働くのか、記憶はどのくらいできるのか、日常生活がどのくらいできるのかということを評価する方法を学びます。
手の作業治療学(1年次)
手を器用に使えるのは人間だけです。手の構えや手の使い方、それに伴う眼球運動を基礎として、手をどのように使えば障害が軽減されるのかという治療技術を学びます。
作業治療学(2年次)
身体・精神活動により行われる行動を通して、障害の軽減・回復を目指すことを目的とする治療法となります。どのような疾患の方に対して実施するべきなのかを学びます。
作業治療学実習(2年次)
日々行う日常生活動作を分析できるようなる力を養います。人間がどのように環境に適用しているのかという基本的な知識を学びます。
精神医学(2年次)
作業療法の対象となる患者様の精神機能を理解する為に必要な知識や考え方を学びます。
特別講義(3年次)
様々な分野の臨床で活躍されている先生方から、実際に講義を受けます。

ホームへ戻る

このページのトップへ