学科紹介

学科紹介 - 理学療法学科

様々な疾患や障害に適した、効果的な治療法を学ぶ

理学療法とは、病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある方(または、低下すると予想される方)に対し、医師の指示のもとに運動療法や物理療法(電気、温熱など)を用いて治療を行います。

主に基本的動作(寝返り、起き上がり、座位姿勢、立ち上がり、立位姿勢、歩行)の回復を図り、生き生きと生活できるようにサポートする役割を担います。

理学療法士の活躍の場は医療現場だけでなく、運動機能低下が予想される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上など障害を持つ人に限らず、健康な人々に広がりつつあります。

また、運動・動作の専門家としての立場から、福祉用具や、住宅改修に関する相談対応も行います。

目指せる資格 – 理学療法士(PT)

厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の元「理学療法」を行う療法士。
理学療法士作業療法士養成施設(専門学校など)で、3年以上学び、卒業または卒業見込みの者が国家資格の受験資格が得られます。

教員紹介

rigaku

理学療法学科 専任教員(学科長)

横川 武

[担当科目] 運動療法学(脳血管疾患)、理学療法技術論演習(小児疾患)、人間発達学

Message

理学療法士は、「赤ちゃん」から「お年寄り」まで人生のあらゆる場面をサポートします。発達支援、就学支援、健康づくり、スポーツ支援、復職支援、障害予防、介護予防、自立支援など、様々な分野で活躍が期待されています。そこで、各分野における最新情報を取り入れ、1つ1つの授業は興味がわくように工夫を取り入れ、専任教員はアットホームかつ熱意溢れる教員を多数揃えています。学生との距離感が近く、相談のしやすい環境を整えた当校で、我々と一緒に、理学療法士を目指しましょう。

ホームへ戻る

このページのトップへ