Menu ×

作業療法学科

作業療法学科

脳に働きかけ、その人らしい生活を支援する

心身に障害がある方に対して、医師の指示のもと現在の心身の状態を的確に把握して適切な作業活動の選択と実施により心身の回復を援助することが作業療法士の仕事です。
また、その人らしい社会生活が地域の中でできるように住宅改修のアイデアや生活環境の工夫も提供します。

「作業活動をする」ということは、その作業活動を通して心身が受け取るあらゆる感覚情報(見る・聞く・触れる・支える・味わう・嗅ぐなど)も刻々と変化します。
心身に障害のある方が、これらの感覚情報を適切に受け取り適切な運動や行動につなげるためには、実際に作業活動を行う必要があります。つまり、作業療法士の支援のもとアクティブに作業活動を展開して、その人らしい人生の営みにつなげることが作業療法の醍醐味です。

実習風景

目指せる資格 - 作業療法士(OT)

厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」として医師の指示の下、作業療法を行うことを生業とする者のこと。

作業療法士になるためには、専門の養成校を卒業し作業療法士国家資格に合格する必要があります。

教員紹介

作業療法学科 専任教員(学科長)
田中 裕二

[担当科目] 人間発達学、作業療法評価学、作業療法治療学
Message
「その人らしさ」を支援する仕事。それが作業療法士だと考えています。つまり、最初に病気を見るのではなく、「人」を見ることが重要となります。そして、作業療法士は子どもから大人まで、心と身体を支援しながら「その人らしい生活」を一緒に考え、共に歩んでいくことができる素晴らしい仕事だと思っています。学生の皆さんが「自分らしい作業療法士」を目指せるように全力で支援させていただきます。